​TOP

FIKX(フィックス)はGoogleアナリティクス、Googleデータポータルを活用したアクセス解析レポートを提供しています。

​レポートの種類

​提供するアクセス解析レポートの種類は大きく二種類で、一つは決められたKPIを追い続ける定点レポート、もう一つはサイトの問題点が不明な場合に実施する課題発見・改善提案レポートです。

定点レポート

​長期的なサイトのユーザービリティ改善、マーケティング施策、広告効果測定、サイト改修などの検証を行うには、定期的なサイト指標の経過観測は必須です。施策を行ったことで逆にサイト内にボトルネックが発生し、それに長期間気付かないというのはよくあることです。追うべき指標を決めて定点的に実施した施策の検証を行いましょう。

課題発見・改善提案レポート

そもそもサイトに大きなボトルネックがある場合、施策前後での変化に気付きやすい定点レポートでは解決が難しくなります。課題発見・改善提案レポートでは、サイトに大きなマイナスのインパクトを与えているボトルネックを発見し、それを改善するための提案までを行い、サイト全体のコンバージョン率の向上に貢献します。

使用するツール

使用するツールはGoogle Analytics(Googleアナリティクス)とGoogle Data Portal(Googleデータポータル)です。

Googleデータポータルとは

Googleデータポータルとは旧Google Data Studio(Googleデータスタジオ)のことで、Googleが提供するデータ統合プラットフォームのことです。何ができるかというと、Googleアナリティクスを含め、Googleが提供する各種サービスのデータ、ならびに、クライアントが自社で保有するデータをGoogleデータポータル上に格納して、グラフィカルに視覚化したレポートを作成することができます。各種データの連結も可能です。

Googleデータポータルで工数削減、費用削減

Googleアナリティクスのデータを使ってGoogleデータポータルでレポートを作成すれば、ローデータの加工、エクセルで集計、グラフの作成といったレポート作成の過程で発生する一連の作業を、ほぼGoogleデータポータル上で完結できます。

また、Googleデータポータルで作成したレポートはパワーポイント等で作成したレポートとは異なり、オンラインでクライアントのGoogleアカウントに紐づいているため、更新されたレポート項目の推移を定点的に追うことができるのです。

よって、一度レポートのテンプレートをFIKX(フィックス)が作成すれば、その後は定期的な発注は不要で、クライアントが自社でレポート内容を更新することができるようになります。

アクセス解析周りのコンサルティングを別サービスとして行っています。詳細を知りたい方は以下のボタンからご確認ください。

アクセス解析コンサルタント 大井俊

104-0051

東京都中央区佃2-8-11-101

analytics@fikx.jp

tel:090-6522-7773​

© FIKX